2011年07月07日

尖閣めぐるサイバー攻撃、発信元の9割が中国

昨年9月の尖閣諸島沖の中国漁船の衝突事件を受け、警察庁などのホームページ(HP)が中国からサイバー攻撃を受けた問題で、警察庁は7日、発信元の9割が中国と判明し、ICPO(国際刑事警察機構)を通じて中国公安部に捜査協力を要請したことを明らかにした。

警察庁は「中国が経由地になった可能性も否定できない」として、最初の発信元との断定は避けている。ただ、米国などは中国が発信元になったサイバー攻撃に非難を強めており、今回の要請も牽制(けんせい)効果を狙ったものとみられる。

このサイバー攻撃は、中国最大規模のハッカー組織「中国紅客連盟」が、尖閣諸島の中国領有を主張する民間団体のサイト上で、日本の政府機関への攻撃を呼びかけたことがきっかけ。予告日の9月18日の前後約10日間に、警察庁や防衛省など約10の政府系機関が攻撃を受け、HPが開かなくなるなどの被害が生じた。
ソース元 産経ニュース

当然中国でしょうね。

中国以外に考えられないと思いますが、確証がないんでしょうね。



同じカテゴリー(ニュース)の記事
 上野の赤ちゃんパンダ死ぬ (2012-07-11 15:47)
 「GALAXY NEXUS」も米国で販売差し止め (2012-06-30 16:04)
 中国美人記者“赤っ恥”「伝説のキノコ」実は大人の玩具でした… (2012-06-21 14:06)
 異人館レストラン火災 元調理師を逮捕 (2012-06-21 13:52)
 チンさむロードで事故、運転の少女逮捕 (2012-06-20 12:34)
 神戸市環境局職員、傘でコンビニ店員を2人殴り現行犯逮捕 (2012-06-16 20:29)