2012年09月15日

トリノ五輪代表の今井メロ「デリヘル嬢」告白

06年トリノ五輪スノーボード・ハーフパイプ代表の今井メロ(24)が、デリヘル嬢だったことを告白した。21日に発売する初の自叙伝「泣いて、病んで、でも笑って」(双葉社)で公表した。

同著によると、五輪で惨敗した18歳の時に“引きこもり”になり、その後キャバクラ嬢に転身。大阪・ミナミのラウンジで働いていた時に同僚からデリバリーヘルスを紹介され「短期間」だけ勤務。「ホスト遊びで金遣いが荒くなり、競技時代の貯金を使い果たしていた。15万ちょっとを稼いだところで辞めた」としている。

当時、デリヘル嬢疑惑が取り沙汰されたが、完全否定してきた。しかし、初の自叙伝を書くにあたり「誰かに何かを伝えたいなら、自分を偽ったらダメなんじゃないか」と思い、告白したという。
ソース元 スポニチ

2008年に週刊誌に書かれていたことはホントだったんですね。

五輪選手がそこまで落ちていたとは・・・・
  


Posted by paper at 10:34